当ブログは広告を掲載していることがあります

【偽物が出回っています】PING G430MAXドライバーの偽物に注意!

ゴルフクラブの模倣品、いわゆる偽物は、メーカー各社も公式サイトなどで注意喚起しています、日本でも色々なメーカーのモデルが出回っています。

今回は、PINGのG430MAXドライバーです。

人気モデルが故に、偽物が多く出回っていると言われていて、具体的な情報が確認されましたので、詳しく取り上げます。

≫ ゴルフクラブの偽物・模倣品に騙されない方法【注意すべき5つのポイント】

PING G430MAXドライバー

PINGのG430MAXドライバーは、Gシリーズの12代目となるモデルです。前作同様にMAX、LST、SFTの3タイプに分かれています。

前作のG425からMAXがスタンダードモデルに位置づけられていて、G410やG400の時のスタンダードモデルと比べるとMAXの要素が加わったことで、特徴がやや異なっています。

G410 PLUSドライバーからの移行が進まずにいた渋野日向子も、G430MAXドライバーを使用していて、アベレージゴルファーから上級者に至るまで注目のドライバーです。

PING G430MAXドライバーの偽物に関する情報

▼PING G430MAXドライバーの偽物と本物を比較!

こちらは偽物に関する注意喚起を意欲的に発信されているゴルフパートナーさんのyoutube動画です。

本物と偽物のG430MAXドライバーを実際に持ち出して、違いについて詳しく解説されています。

発売開始から6ヶ月で偽物が出回っていて、さらに偽物の中でも最も見極めが難しいとのことです。

ゴルフショップを介した正規なルートで入手すれば偽物を手にすることはありませんが、何らかの理由で偽物を手にしてしまった可能性があるという方は、次に偽物と本物の見極めポイントをまとめてありますので確認してみてください。

PING G430MAXドライバーの本物と偽物の違い・見分け方

PING G430MAXドライバーの本物と偽物の違いについて、動画で紹介されている内容を以下にまとめました。

偽物は色々なところで作られている可能性がありますので、ここで紹介する以外の見極めポイントがあるかもしれませんが、違いが出やすいところは傾向があります。

偽物を掴んでしまったのではという不安がある方は、参考にしてみてください。

ウェイトのプリント

出典:youtube

これは動画のサイズのクイズのところで、筆者も気付いたポイントです。

G430シリーズにはソールにウェイトが装着されていまして、ソール面側から見た時に「TUNGSTEN」の文字が記載されています。

偽物の方は「TUNGSTEN」の記載がありませんので、一目瞭然です。

ちなみに、MAXだけでなく、LST、SFTにも記載があり、このウェイト形式がスタートしたG425シリーズにも記載があります。

ソールのプリント

出典:youtube

ソール前方には、「FORGED FACE」の文字が記されていまして、本物と偽物ではこのカラーとフォントに違いがあります。

本物の方はグレー掛かっていて細めのフォントです。一方、偽物の方はカラーがクリアで太めのフォントです。

手元に本物があって並べて見れば違いを見極められるかもしれませんが、単独で偽物だけを手にした場合、特定は難しいかもしれません。

ソールヒール側のネジ穴

出典:youtube

こちらも見極めポイントとしては難易度が高い違いです。

ソールのヒール側のほぼ側面とも言える場所に、G430シリーズとG425シリーズには何故かネジのようなパーツがあります。

このパーツの六角形のネジ穴が、本物では深く、偽物では浅くなっています。

これも本物か偽物が手元にあれば、並べて比較することで違いが確認できると思いますが、単独で手にした場合、本物か偽物かを特定するのは難しいと思います。

フェースプリント

出典:youtube

フェースに施されたラインの色・太さに違いがあります。

本物の方は色が薄く、ラインも細めですが、本物の方は色がはっきりとしていて、ラインも太めです。

ただ、映像を並べてみると違いは分かりやすく感じますが、偽物も従来のGシリーズのフェースデザインの特徴を捉えていますので、これも比較ができないと違いがほぼ分からないと思います。

ヘッドカバー

こちらは知っていれば分かりやすい違いです。

ヘッドカバーの裏面にあるPINGの刺繍の色に違いがあります。

本物はグレーで、偽物は白です。

PING G430MAXドライバーの本物と偽物をスペック測定・試打した結果

▼本物と偽物の比較から再生

本物と偽物のスペックを測定して、実際に試打されていて、ゴルフクラブとしてどのような違いがあるかまで検証されています。

スペックの測定結果によると、まずクラブ重量は偽物が5.7g軽く、これ自体も大きな違いですが、ヘッド重量は更に偽物が16gも軽くなっています。

ということは、シャフト・グリップの部分は、反対に偽物の方が10.3g重いということになります。

バランスは、本物がD2.7で、偽物がC6.2ですから、偽物は相当ヘッド重量感が軽いということになります。

試打の結果については、毎度、偽物もなかなか行けていることに驚かされはするのですが、G430MAXドライバーとして使うと、ヘッドが軽すぎ、スピンが少な過ぎ、打感が悪すぎとなります。

偽物に騙されない方法

ゴルフクラブの偽物は、年々、造りが巧妙になっていて、一見しただけでは分からない場合が殆どです。

本物と並べて見れば、違いを見つけやすいですが、最近の物は偽物だけ渡されて、しかも本物を見たことが無いとなると、見破れない方が殆どではないかと思います。

ただ、購入の際に当たり前のことを気を付けていれば、偽物による被害から身を守ることができます。

▼偽物の被害を受けないための5つのポイント

ゴルフクラブの偽物・模倣品に騙されない方法【注意すべき5つのポイント】
ゴルフクラブの模倣品、いわゆる偽物が、日本でも少なからず出回っています。最近では、作りが精巧なため、一目見ただけでは偽物・模倣品と分かり難いものが増えています。そこで、本記事では偽物・模倣品に騙されないようにすべく、注意すべき点について、5...

不自然な安さの誘惑に負けずに、購入後の安心・安全のことも考えて、購入先を選びましょう。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました