ステルスアイアンとローグST MAXアイアンの違いを比較しました

テーラーメイドから2022年にステルスアイアンが発売となっています。これまでのSIMシリーズは2年で終わり、新たなシリーズとなっています。

テーラーメイドのアイアンは、従来まで2機種ありましたが、今回はステルスアイアン1機種のみとなっていて、これまでアイアンのターゲットユーザーの置き方が変わってきています。

ステルスアイアンについては、以下の記事でも詳しく紹介しています。

≫ ステルスアイアンをヘッドスピード40m/s未満の女子プロが試打した結果が興味深かった件

≫ ステルスアイアンの試打・評価・口コミをまとめました

≫ ステルスアイアン 発売日・スペック・シャフト

一方、キャロウェイからは2022年にローグSTシリーズが発売となっています。アイアンは充実の4機種あり、幅広いゴルファーをカバーしています。

・ローグST MAXアイアン
・ローグST MAX OSアイアン
・ローグST MAX FASTアイアン
・ローグST PROアイアン

2018年に発売されているローグの続編となります。

ローグST MAXアイアンについては、以下の記事でも詳しく取り上げています。

≫ ローグST MAXアイアン 試打・評価・口コミまとめをまとめました

本記事では、対象ゴルファーが重なるテーラーメイドのステルスアイアンとキャロウェイのローグST MAXアイアンについて、違いを取り上げ、比較してみました。

購入を検討されている方は、参考にしてみてください。

ステルスアイアンとローグST MAXアイアンの特徴を比較

コンセプト・特徴

ステルスアイアン

最適化されたスイートスポットに加え、進化した「キャップバッグデザイン」によりヘッド剛性が向上し、初速もアップ。

トウ側に配置された金属を取り去り、10gの余剰重量をソール側に再配置したことで更なる低深重心化に成功し、やさしく上がるアイアンに進化した。

ステルスアイアンは、トゥ側ボディの金属を取り除いた新たな形状で、より深低重心を推し進めた形となっています。

ローグST MAXアイアン

スタンダードモデルの位置づけとなる「ROGUE ST MAXアイアン」は、シリーズ中でももっともストロングロフト化されたモデルの1つ。オフセットも大きめにつけられており、高い飛距離性能と抜群のやさしさを持ち合わせています。

ローグST MAXアイアンは、ロフトを立てることで飛距離性能を高め、思い切ったグースネックで強い球が出やすく、やさしくつかまえて飛ばせるアイアンとなっています。

デザイン・形状

バックフェース

ステルスアイアンは、これまでのSIMシリーズで見られたスピードブリッジやキャップバックデザインでの剛性感が消えて、すっきりとしています。

Pシリーズを思わせるようなシャープなルックスで、デザインの良さが評価されています。

一方、ローグST MAXアイアンは、キャビティ形状で、オーソドックスなアベレージゴルファー向けのやさしい形状をしています。

デザイン的にはAPEXアイアンに寄った印象を受け、こちらも格好良い仕上がりとなっています。

ネック

ステルスアイアンのネック形状は、グースが入っていて、つかまりの良さを感じさせてくれます。

キャビティデザインではないものの、トップラインは程よく厚さがあります。

一方、ローグST MAXアイアンの方は、グースがはっきりしています。そして、トップラインも厚めに見えます。

グースと厚いトップラインは、キャロウェイのアベレージ向けラインの特徴とも言え、従来通りのやさしい形状を踏襲しています。

ステルスアイアンとローグST MAXアイアンのスペックを比較

クラブセッティング

番手 ステルス ローグST MAX
5 21° 21.5°
6 24° 24.5°
7 28° 27.5°
8 32° 32°
9 37° 36.5°
PW 43° 41°
AW 49° 46°
GW 51°
SW 54° 56°

ステルスアイアンは5番(21°)から始まり、ウェッジはPW、AW、SWの3種類です。

一方、ローグST MAXアイアンも5番(21.5°)から始まりますが、ウェッジはPW、AW、GW、SWの4種類です。

ウェッジの構成が種類、ロフトピッチなど、大きく差があります。アイアンセットのウェッジを持つか、別立てで用意するかで、既存のクラブセッティングとの相性の良し悪しに差が出そうです。

ロフト角

上記表から分かる通り、7番アイアンのロフト角は、ステルスアイアンが28°、ローグST MAXアイアンが27.5°となっています。

あまり差がなく、どちらもディスタンス系のアイアンです。テーラーメイドに関しては、従来のMシリーズやSIMシリーズではOS(オーバーサイズ)バージョンがあり、さらにロフトを立てたぶっ飛びアイアンがありましたが、今回のステルスシリーズではリリースがありません。

ちなみに、キャロウェイの方は、OS(オーバーサイズ)バージョンがありますが、逆にロフトは寝ていますので、ぶっ飛びアイアンではありません。

飛距離重視の方は、テーラーメイドでもキャロウェイでも、本記事の2機種を選択ということになります。

クラブ重量

番手 ステルス ローグST MAX
5 354g 354g
7 366g 368g

クラブ重量に関して、標準のカーボンシャフトのRで比較したものが上の表となります。

ほぼ同じ重量となります。軽量モデルと言われるゼクシオ12アイアンのカーボンシャフトモデルと同じぐらいの重量となります。

クラブの長さ

番手 ステルス ローグST MAX
5 38.5″ 38.25″
7 37.25” 37″

クラブ長さは、ステルスアイアンの方が0.25インチ長くなっています。

ローグST MAXアイアンの方は、7番で37インチで一般的な長さです。

ステルスの方はやや長尺となり、その分、飛距離性能は高くなりますが、長い分だけ正確に捉える難しさは増します。

よりミスに強い方を好まれる方は、ヘッドの分厚さ、キャビティ形状、グースネックのローグST MAXアイアンの方から検討されると良いと思います。

ステルスアイアンとローグST MAXアイアンの価格を比較

ステルスアイアン

  • TENSEI RED TM60 (’22)
    5本セット(6~PW):¥126,500
    単品(5、AW、SW):¥25,300
  • KBS MAX MT85 JP
    5本セット(6~PW):¥110,000
    単品(5、AW、SW):¥22,000

ローグST MAXアイアン

  • VENTUS 5 for Callaway
    5本セット(6~PW):¥132,000
    単品(5、AW、GW、SW):¥26,400
  • Dynamic Gold 95
    5本セット(6~PW):¥110,000
    単品(5, AW, SW):¥22,000
  • Dynamic Gold 95(S200)
    5本セット(6~PW):¥132,000
    単品(5, AW, SW):¥26,400
  • N.S.PRO Zelos 7
    5本セット(6~PW):¥132,000
    単品(5, AW, SW):¥26,400

 

タイトルとURLをコピーしました