ステルスPLUSフェアウェイウッド 発売日・スペック・シャフト

ステルスPLUSフェアウェイウッドの特徴

テーラーメイドから2022年は、新シリーズの「ステルス」が発売となっています。

SIM2フェアウェイウッドの後継モデルで、ステルスシリーズの2種類のフェアウェイウッドの内、小ぶりでハードな方のモデルです。

Vスチールソール

前シリーズのSIMから搭載されているVスチールソールは、引き続き搭載されています。

前作のSIM2フェアウェイウッドと同様に80gの重量のあるソールプレートが搭載されていて、低重心設計となっています。

名前から分かる通り、往年の名器、Vスチールのソール形状を採用していて、芝との接地面積が抑えられることで、振り抜けの良さがもたらされます。

3Dソールウェイト

ソールプレートの前作との違いとしては、「3Dソールウェイト」と言う名称の通り、形状に工夫が凝らされています。

この形状を取ることで、重量配分が左右・後方に配置されています。

フェース素材にZATECチタンを採用

アスリート向けのステルスPLUSフェアウェイウッドの方は、フェース素材にZATEC(ゼイテック)チタンが用いられています。こちらも前作から引き継がれています。

この素材は、強靭で反発性能があるため、より優れた反発性能を発揮してくれます。先

フェース面積を12%拡大

ツアープロからのフィードバックをもとに、175ccの大型化が図られています。

投影の大きさは維持しながら、フェース面積を12%拡大することで、操作性・正確性がアップしています。

ロフト角・ライ角調整

アスリート向けのステルスPLUSフェアウェイウッドの方には、可変スリーブが搭載されています。

ドライバーと同様に、スリーブに設けられた12ヶのポジションを切り替えることで、ロフト角・ライ角・フェース角の組み合わせを変えることができます。

貫通型スピードポケット

スピードポケットは、テーラーメイドが長らく採用しているテクノロジーで、ドライバーからアイアンに至るまで、殆どのクラブに搭載されています。

スイートエリアを広げ、特に、フェース下部でのミスヒットに強さを発揮してくれます。

ステルスPLUSフェアウェイウッドの発売日

ステルスPLUSフェアウェイウッドの発売日は、2022年2月4日です。

ステルスPLUSフェアウェイウッドの発売価格

TENSEI SILVER TM50 (’22) ¥57,200
Tour AD UB-6 ¥77,000
SPEEDER NX 60 ¥77,000
Diamana PD 60 ¥77,000

ステルスPLUSフェアウェイウッドのスペック

番手 #3 #5
ロフト角 15 19
ライ角 57 57.5
ヘッド体積 175 150
長さ 43.25 42.25

ステルスPLUSフェアウェイウッドのシャフト

  • TENSEI SILVER TM50 (’22)
  • Tour AD UB-6
  • SPEEDER NX 60
  • Diamana PD 60

TENSEI SILVER TM50 (’22)

硬さ クラブ重量 シャフト重量 トルク バランス 調子
S 約316 約60 3.9 D2.5
SR 約313 約57 4.3 D1.5
R 約311 約55 4.7 D1

Tour AD UB-6

硬さ クラブ重量 シャフト重量 トルク バランス 調子
S 約324 65 3.2 D2

SPEEDER NX 60

硬さ クラブ重量 シャフト重量 トルク バランス 調子
S 約322 63.5 3.7 D2

Diamana PD 60

硬さ クラブ重量 シャフト重量 トルク バランス 調子
S 約323 64.5 3.3 D2 中元
タイトルとURLをコピーしました