【新製品情報】2024年 RMXドライバーについて分かったこと!4つのポイント

ヤマハのRMXシリーズの2024年モデルが、R&Aのドライバー適合リストに掲載されました。

現行のRMXシリーズは2022年モデルのため、2年振りのリニューアルとなります。

新たなRMXシリーズのドライバーについて、抑えておきたい4つのポイントをまとめました。

ポイント①:2024年のRMXドライバーは2タイプ

出典:R&A

少し前に適合リストの最新掲載分を取り上げた中で、RMXシリーズの2024年モデルを紹介しました。

適合リストに掲載されたモデルは2種類ありまして、これまでと同様に2タイプに分かれています。

  • RMX VD/Rドライバー
  • RMX VD/Xドライバー

ヘッド形状やウェイト位置からして、この2タイプを相対的に見ると、Rの方はフェードバイアス、Xの方はドローバイアスであることがあります。

ポイント②:ウェイトの搭載位置が異なる

2024年モデルのRMXシリーズのドライバーには、2タイプともにウェイト調整機能が搭載されています。

ただ、RMX VD/RとRMX VD/Xでは、ウェイトの位置が異なっていて、これが2タイプの大きな違いとも言えます。

RMX VD/Rの方は、ドロー・フェードのウェイト調整機能がソール前方に搭載されています。必然的に重心が前側に寄りますので、浅重心で低スピン性能と操作性が高くなります。

RMX VD/Xの方は、ソール後方に搭載されています。先程とは反対に重心が後ろ側に寄りますので、深重心でミスへの許容度が高く、直進性に優れます。

ポイント③:RMX VD/Rは左へのミスが出にくい

こちらはRMX VD/Rドライバーです。

全体的に洋ナシ形状になっていて、トゥ側は逃げ顔になっています。思い切り叩きたい方やハードヒッターに好まれる形状です。

ヘッド挙動面では、浅重心効果も働いて、オートマチックなヘッドの返りが抑えられますので、左への引っ掛けを嫌う方に適しています。

ポイント④:RMX VD/Xはつかまりが良い

こちらはRMX VD/Xドライバーです。

海外では「X」はドローの意味で使われることが多く、ヤマハは日本メーカーではありますが、ドローを意味したモデル名ではないかと思われます。

ヘッド形状は丸型に近く、ややヒール寄りに体積を確保しているように見えます。

そして、ウェイトがソール後方に寄せられていて、CENTERポジションもややヒール寄りに見えます。

先程のRMX VD/Rドライバーがフェードバイアスに寄っているのと比べると、RMX VD/Xドライバーは、比べるとドローバイアスでつかまりを持たせてあります。

またヘッド形状、ウェイト位置から、球が上がりやすい設計になっています。

つかまる、上がりやすいと書くと、アベレージゴルファーのスライサー向けドライバーのように思えそうですが、RMXシリーズそのものはアスリート向けのため、あくまで「RMX VD/Rと比べれば」という比較での話です。

やさしさを求める方は、ヤマハには「inpres」というアベレージゴルファー向けのブランドがありますので、そちらのモデルを検討しましょう。

【購入前に必読】インプレス DRIVESTARドライバーについて分かったこと まとめ!3つのポイント
ヤマハのインプレスDRIVESTARドライバーについて、新たな特徴、前作との比較など、購入する前に把握しておきたい点について、3つのポイントをまとめました。インプレスDRIVESTARドライバー楽天市場Amazonゴルフパートナーゴルフダイ...
タイトルとURLをコピーしました