ステルスドライバー3機種をアマチュア平均ヘッドスピード42m/sで試打した結果が興味深かった件

テーラーメイドのステルスシリーズのドライバーは、3タイプがリリースされています。

アスリート向けのステルスPLUS、スタンダードなステルス、ハイドロー仕様のステルスHD。

この3タイプのドライバーをアマチュアの平均的なヘッドスピード、42m/sで試打した動画が興味深い内容でしたので取り上げます。

ステルスのドライバー3タイプの違いが分かりますので、購入を検討されている方は、注文前に必見の内容です。

ステルスの3タイプのドライバーを、アマチュアのヘッドスピード42m/sで試打した動画

こちらが、ステルスの3タイプのドライバーを、ヘッドスピード42m/sで試打・検証した動画です。

ゴルフクラブは、ヘッドスピードによって出てくる特徴が変わりますので、平均的なヘッドスピードの方は、とても参考になります。

特に注目したい点を以下にまとめましたが、お時間のある方は、動画をゆっくりご覧頂いて、打音や弾道などをじっくり確認してもらえればと思います。

ステルスHD、ステルス、ステルスPLUSの弾道データ

▼ステルス3機種のドライバーの試打計測結果

モデル ステルスHD ステルス ステルスPLUS
ヘッドスピード 42.6m/s 43m/s 41.8m/s
ボールスピード 60.1m/s 60.5m/s 58.5m/s
ミート率 1.41 1.41 1.40
スピン量 3200rpm 2853rpm 1867rpm
打ち出し角 12.2° 10.6° 6.9°
キャリー 209y 206.4y 170.5y
飛距離 227.2y 226.5y 198.8y

大凡42m/s前後で試打した結果が、上表の通りとなっています。

弾道は、それぞれのモデルが持つ特徴がはっきりと出ていまして、一般的なアベレージゴルファーの場合、ステルスHDかステルスが適していることが分かります。

球が上がりにくい方は、ステルスHDドライバーがオススメ

まず、注目したいのは、打ち出し角です。

ステルスHDが12.2°、ステルスが10.6°、ステルスPLUSが6.9°となっていて、難しいモデルになる程、球が上がりにくくなる特徴が鮮明に出ています。

特に、アスリート向けのステルスPLUSドライバーはヘッドスピードが速い方向けと言われていまして、平均的なヘッドスピードでは性能を引き出しにくいことが分かります。

実際、飛距離で見てもステルスPLUSドライバーだけ30ヤード近く低い結果となっていて、これは打ち出し角の低さが大きく影響しています。

ステルスPLUSの推奨ヘッドスピードについては、動画の中で40台後半と評されています。もう一つ付け加えると、しっかり自分の力量で球を上げられる方と言う点が挙げられます。

スピン量・弾道高さを抑えたい方は、ステルスPLUSドライバー

次に注目したいのは、スピン量です。

ステルスHDが3000台前半、ステルスが2000台後半、ステルスPLUSが1000台後半となっていて、難しいモデルになる程、スピン量が抑えられる傾向がはっきりと出ています。

最適スピン量は、ヘッドスピードによっても違ってきますので、ご自分のヘッドスピードと照らし合わせて選ぶ必要があります。

ヘッドスピード42m/sぐらいであれあば、2000台後半のステルスドライバーぐらいのスピン量が程よく揚力も得られて良いと思います。球が上がりづらい方であれば、ステルスHDドライバーも検討したいところです。

スピン量が2000に満たない結果となったステルスPLUSドライバーは、平均的なヘッドスピードの方ではなかなか性能を引き出しにくいです。逆に言えば、低スピン性能に極めて優れていますので、ハードヒッターの方で、低く強い弾道を求める方にはとても適しています。

ステルスドライバーは、弾道がやや低め

モデルの位置づけで言えば、バイアスのないステルスドライバーが、真ん中のスタンダードなドライバーとなります。

ただ、テーラーメイドのドライバーは基本的にフェードバイアスと言われていて、さらに今回のステルスシリーズは、ややツアープロに合わせた感がありますので、ハードな方に寄っています。

今回の試打結果でも、スピン量は2000台後半で平均的なヘッドスピードには程よいと思いますが、打ち出しが10.6°でやや低めです。

そのため、球が吹けやすい方、打ち出しが高めの方にとっては、打ち出しとスピン量が抑えられ、飛距離が伸びやすくなります。

打ち出しが低い方は、ステルスHDドライバー、スピン量が多い方はステルスドライバー

今回の試打動画の結果から、ヘッドスピードが42m/sぐらいのアベレージゴルファーの方は、ステルスHDドライバー、ステルスドライバーの両方で、約227ヤードとほぼ同じ結果が出ています。

ヘッドスピードの面からすると、どちらのモデルも相性が良いと言えます。

あとは、普段の弾道で、スピン量が多いか少ないか、打ち出しが高いか低いかで、どちらのモデルが適しているかが判断しやすくなります。

球が上がらない方、スピン量が少ない方は、ステルスHDドライバーがオススメです。反対に、球が上がり気味な方、スピン量が多めの方は、ステルスドライバーがオススメです。

タイトルとURLをコピーしました