当ブログは広告を掲載していることがあります

ONOFF AKA ドライバー 2022 試打・評価・発売日・スペック・シャフト

グローブライドから発売のONOFF AKA ドライバー 2022。

2年振りのAKAの新作は、ミスに強い設計で、可変スリーブ・可変ウェイトによる調整機能も充実。

試打・評価をまとめましたので、購入を検討されている方は、是非、参考にしてみてください。

ONOFF AKA ドライバー 2022をトラックマンで計測・試打

ONOFFのKUROを実使用しているという石井プロにて、ONOFF AKA 2022ドライバーを試打されています。

スペックは、ロフト角10.5°、純正シャフトMP-522DのSRで、対象ゴルファーを想定して、ヘッドスピードを約40m/sで試打されています。

ミスに強い ONOFF AKAドライバー

高橋良明プロにて、ONOFF AKAドライバーを屋外で試打されています。

ONOFFからトラックマンを借りて試打とのことなので、忖度が有るのか無いのかが気になるところではあります。

ヘッドスピード40m/sぐらいで、芯に当てた場合、外した場合で試打されていますので、キャッチコピーの「全芯主義」が実際にどうかをトラックマンの数値で確認されています。

ドライバーだけでなく、フェアウェイウッド、ユーティリティも試打されていますので、一通りウッド全般に興味がある方に参考になる内容です。

発売前!ONOFF AKAドライバー 2022を本格女性ゴルファーが試打・評価

中山綾香さんにて、ONOFF AKAドライバー 2022の10.5°、純正シャフトのSRで試打されています。

高さが出やすいので、上がらない人に良いそうです。

つかまりの良さを評価されていて、体が開いてしまう人にも、スイングで治すというより、こういうクラブを使う方法もオススメされています。

芯を外しても、打感・打音が変わらないとのことなので、ミスを打ち消して欲しい人には良く、ミスを感触でも把握したい方には向かないようです。

ONOFF AKA ドライバー 2022の発売日・発売価格

ONOFF AKA ドライバー 2022の発売日は、2022年3月25日です。

  • SMOOTH KICK MP-522D:80,300円
  • LABOSPEC SHAFT:85,800円

ONOFF AKA ドライバー 2022のスペック

ロフト角 10.5° 11.5°
ライ角 61° 61°
フェース角 +0.5° +1.0°
ヘッド体積 460cc
長さ 44.5″

ONOFF AKA ドライバー 2022のシャフト

標準シャフトは、SMOOTH KICK MP-522Dです。

SMOOTH KICK MP-522D

フレックス シャフト
重量
トルク キック
ポイント
適応
ヘッドスピード
R2 43g 6.1° 先中 32~39m/s
R 46g 5.8° 先中 35~42m/s
SR 49g 5.2° 先中 37~44m/s
S 52g 4.9° 先中 40~47m/s
タイトルとURLをコピーしました